ヴァンクリーフ&アーペル
~理想のエンゲージリングを求めて徹底研究!~

婚約指輪の人気のブランド 
- <ヴァンクリーフ&アーペル>婚約指輪の相場編 -

グレース・ケリーが婚約した際など、各国のロイヤルウェディングで「豪華そのもの!」なジュエリーを手がけてきたヴァンクリーフ&アーペル。華麗すぎて遠い存在なイメージですが、リングによっては他のブランドとそう変わらなかったりします。
コンシェルジュ:「ダイヤモンドが中央にあるソリテールタイプで47万円台からとなるので、高額ではあります。しかしエンゲージリングを特別なものとして考える人には、カルティエやブルガリ、ティファニーなどを見たら同じような価格を目にすると思います。 」
ケンジ:「あはは・・・・・・。47万円・・・。 」
エリコ:「高額でも買う人っていっぱいいるのかしら?」
コンシェルジュ:「婚約指輪は一生に一度の記念ですから、高額で購入する人は多くいます。ふたりのジュエリーに対する考え方や、ブランドに対する価値観にもよりますが、最近では高額商品が売れる傾向にあるようです。」
エンゲージリングはセミオーダーできる!
「Your Poetic Setting (ユア ポエティック セッティング)」の中身とは
ロマンスやボヌールなど5つのデザインの中から、好きなものを選んだら希望のダイヤモンドのサイズやクラスを決めます。オーダーして2週間でリングはセットされ、ヴァンクリーフ&アーペルで自分だけの婚約指輪を「作る」幸せを堪能できるようです。「Your Poetic Setting」には愛の詩をつむぐように、ずっと祝福されるふたりでありますように、という願いがこめられています。
ちなみにダイヤモンドのカラーは<DからE>のみ、内包物の有無を表すクラリティは<IFからVVS2>と最高クラスのものしか扱っていません。カラットも0.3ct~0.5ctと、一般的な0.2カラットよりも大き目です。予算は60万円以上あるといいでしょう。
デザインと価格を吟味!
最高もリングを手に入れるならまず値段をチェック
【“エステル”  Pt×センターストーン0.3ct~ 546,000円~】
創業者の妻エステルの名前を冠したリング。ビーズが連なったようなアームのデザインが愛らしく女性らしいロマンチックな気分にしてくれます。
【“ボヌール” Pt×センターストーン0.3ct~ 588,000円~】
ポピュラーなタイプとは言え、そこはヴァンクリーフ&アーペルの腕の見せどころ。無駄のないセッティングがダイヤモンドに艶やかな輝きを与え、光を集めます。
【“ソクラテス1フラワー” ホワイトゴールド×センターストーン、パヴェ 77,500円】
ダイヤモンドの小花が咲いたリング。シンプルなマリッジと合わせれば普段使いでも十分活躍しそうなデザインです。主張しすぎず、控えめなのが好感度大。
【“ペルレ ソリテール” ホワイトゴールド×センターストーン0.3ct~ 514,500円~】
センターストーンは0.3ct、0.5 ct、0.7ct、1ctから選べるタイプ。人気のペルレシリーズはピンクゴールドも登場しています。マリッジと重ねづけもオススメです。
【“クチュール” Pt×センターストーン0.3ct、パヴェ 903,000円~】
アシンメトリ―で優雅な曲線が特徴的なリング。オートクチュールの世界からヒントを得たデザインは、ボタンホールをかたどったようなイメージから。
ちょこっと補足  ~ヴァンクリーフ&アーペルの店舗について~
銀座中央通りにある銀座本店のほか、百貨店では銀座三越・新宿伊勢丹・池袋西武などに入っています。京都なら大丸京都店、大阪なら阪急うめだ本店など、銀座本店(路面店)を含めると全国に18店舗あります。