シャネルって洋服だけじゃなく、香水やコスメ、ジュエリーとトータルでそろうっていうのも憧れの元だよね。
~理想のエンゲージリングを求めて徹底研究!~

婚約指輪の人気のブランド -シャネル-

ココ・シャネル創業による、時代を先取りしつつも王道を外さないファッション界のパイオニア、それがシャネルです。ブライダルジュエリーもシャネルらしいデザインがそろっているので、一度は見ておきたいブランドです。
エリコ:「高嶺の花だと思うけど、やっぱり素敵!シャネルのエンゲージリングをつけるにふさわしい女性でいれるように自分磨きしなくちゃ。ま、ちょっと間に合わないかもしれないけど・・。 」
ケンジ:「エリコに似合えばシャネルにすればいいし、一番大事なのは身につける人を引き立たせてくれるかどうかだよ。主役は女性であってジュエリーではないよね。ま、つける人にブランド負けしない自信があれば、問題ないんじゃないかな。 」
ファッション界に革新と発展をもたらした
シャネルの華やかな歴史とファインジュエリー
1910年にパリ、カンボン通りにココ(ガブリエル)・シャネルが帽子店をひらいたの創業の始まり。女性のファッションに機能性を持たせ、自由と創造性に満ちたコレクションを発表し一世を風靡します。現在のファッションは彼女が築いた礎のもとに発展したとも言われる程、彼女の優れたファッションセンスと美意識は影響力を持ちました。
ココ・シャネルが1970年に定宿にしていたホテルリッツで亡くなった後は、カール・ラガーフェルドがヘッドデザイナーとしてシャネルの意思を引き継ぎメゾンを発展させ、今に至ります。世界中の女性が憧れるヒットアイテムを次々と発表し、シャネルは洗練されたブランドイメージとともに不動の地位を確立します。現在も華やかなファッション業界の中心的存在として、時代とともに進化し続けています。
シャネルのファインジュエリーは1932年にココ・シャネルが満を持して発表した本物のダイヤモンドを贅沢に使ったコレクションが始まり。ダイヤモンドが持つ本物の価値と、誰もが魅了される美しい輝きに、シャネルの自由な発想を吹き込みました。その作品のエッセンスを今に受け継ぐのが、シャネルのファインジュエリーコレクションです。
シャネルが愛したモチーフが婚約指輪として輝く!
人気のデザインはどれも大人可愛いシルエット
【リュバンドゥシャネル 18KWG×0.10ct  29万8,200円】
指にまるでリボンが巻きついたようなスイートなデザイン。甘すぎない控え目なフォルムが洗練された大人のリボンの印象に。センターダイヤモンドの大きさによって様々なバリエーションの価格帯で用意されているので、予算に合ったリングで購入が可能です。
【カメリアコレクション ソリテールタイプ Pt×0.25ct~ 37万8,000円~】
ココ・シャネルが最も愛した花、カメリアを形どった台座にダイヤモンドが輝くソリテールリング。シャネル自身が思い描いた完璧な美の象徴、そして女性らしさを最高に引き出してくれるアイテムとしてカメリアは今なおシャネルのシンボル的存在です。
【カメリアコレクション エタニティリング 18KWG 29万4,000円】
カメリアの花をフォルム全体で表現したエタニティリング。 カメリアコレクションのソリテールリングやメレダイヤの入ったマリッジリングとの重ねづけが楽しめるほか、この1本でも華やかで可愛らしい印象に。他の指に当たるなどの違和感もなく見た目より指馴染みがいいです。
【マトラッセ エンゲージリング Pt×0.25ct~ 34万8,600円】
シャネルで不滅の人気を誇るキルティングのバッグ。そのキルティングを模したリングにダイヤモンドが輝くエンゲージリングがこちら。エッジの効いたスマートなアームがダイヤモンドの凛とした美しさを引き立てます。同シリーズの細めマリッジリングとの重ねづけがオススメ。
ちょこっと補足  ~シャネルの店舗について~
シャネルファインジュエリーブティックは、シャネルのファッションブティックと併設されているのではなく、独立した店舗を持っています。帝国ホテルプラザにあるのが日本における本店となります。2012年4月にリニューアルオープンした本店の内装は、パリのヴァンドーム広場18番地にあるシャネルファインジュエリー本店も手がけた建築家、ピーター・マリーノによるもの。その他、東京では新宿小田急や伊勢丹、高島屋、大阪では阪急、大丸などの大手百貨店に店舗を構えています。