ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンド
~理想のエンゲージリングを求めて徹底研究!~

婚約指輪の人気のブランド 
-ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンド-

繁栄を極めた20世紀初頭のイギリス王室から依頼され、アッシャーファミリーの技術が名実ともに示された世界最大のダイヤモンド原石「カリナン」のカッティング。その技術を受け継いだ至高の輝きは、ワンランク上のカットを求める花嫁には要チェックなブランドです!
コンシェルジュ:「ロイヤルと名前の上につくのは王室御用達の証なんですよ。 」
エリコ:「ロイヤルコペンハーゲンとかヨーロッパの陶磁器でもロイヤルが付いてるの、見たことあるわ。王室御用達だったんだ!」
ケンジ:「王室もその品質を認めたとなると、それは間違いなさそうだね。」
コンシェルジュ:「さらに、ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドはジュエリー業界で唯一、ロイヤルの称号を持つジュエラーでもあります。日本の昭和天皇もオランダに公式訪問された際にロイヤル・アッシャー社に立ち寄ったそうですよ。長く輝かしい歴史を持ちつつ、現在でも新たなダイヤモンドカットを開発するなど、ロイヤルの称号にふさわしいブランドとして、ダイヤモンドへの並々ならぬ情熱は今なお引き継がれています。 」
モダンスクエアなダイヤモンドに魅せられたら
ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドで決まり!
その歴史は、1854年創設者アイザック・ジョセフ・アッシャーによってアムステルダム(オランダ)で始まります。彼は卓越した技術者としてダイヤモンド業界に広くその名を知られる存在でした。その実績と信頼により、1907年に史上最大のダイヤモンド原石「カリナン(3,106ct)」のカットを英国国王エドワード7世より依頼されます。
「カリナン」はアッシャー兄弟(アイザック・ジョセフ・アッシャーの二人の息子)によってカリナン1世とカリナン2世を合わせて大小105個のダイヤモンドにカットされました。カリナン1世(530.2ct)は現在でも英国王室の王笏に、カリナン2世(317.4ct)は王冠に飾られています。
そして1980年、オランダ王室が永年にわたり国に貢献した企業にロイヤルの称号を与える際、アッシャー・ダイヤモンド社が選ばれたのでした。2000年にはかつて創業者ジョセフ・アッシャーが生み出したスクエアの美しい「アッシャーカット」に16面追加した、74面カットの新たな「ロイヤル・アッシャー・カット」を開発しました。ダイヤモンドの輝きに新たな歴史を刻むとともに、そのシャープで強い輝きを放つこのカットはスクエアカットの完成型として世界のジュエラーから称賛されました。
「白く高貴な輝き」をたたえた至高の美しさ!
カット技術を極めたダイヤのリングはおいくら?
【“Collection / ROYAL ASSCHER CUT /  (ロイヤル・アッシャー・カット) AC004Pt” Pt×センターストーン0.3ct 462,000円~】
中央にロイヤル・アッシャー・カットのダイヤモンドを冠した、ソリテールタイプのリング。ダイヤモンドがシャンクに埋め込まれたデザインはシャープでいて安定感のある印象に。爪にひっかかりがないので普段使いにも適しています。
【“Collection / ROYAL ASSCHER CUT / (ロイヤル・アッシャー・カット) AC009” Pt×センターストーン0.3ct 441,000円~】
ダイヤモンドをしっかり支える4本の爪がロイヤル・アッシャー・カットのダイヤモンドに力強いニュアンスをプラス。シンプルでいて芯の強い意志を持ったような凛とした美しさが際立つソリテールリングです。
【“Collection/ENGAGEMENT/婚約指輪(エンゲージリング)ERA691” Pt×センターストーン0.17ct サイド0.08ct 285,600円~】
中央にブリリアントカット、サイドに可憐な花をイメージしたダイヤモンドのデザインは、男性から女性へ贈る誓いのブーケを意味しています。2012年に新作として登場したこのモデルは、愛らしい印象を振りまくこと間違いなしです。
【“Collection/ENGAGEMENT/婚約指輪(エンゲージリング) ERA331” Pt×センターストーン0.2ct 285,600円~】
八角形のシャンクにブリリアントカットのダイヤモンドを中央に配したタイプ。同コレクションの結婚指輪と重ね付け可能です。エタニティーリングや4粒のメレダイヤモンド入りなどとバリエーション豊富なので、コーディネートも自由自在。同モデルでロイヤル・アッシャー・カットのソリテールもあります。
ちょこっと補足  ~シロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドの店舗について~
直営店となる銀座本店のほか、三越や高島屋、小田急など都内の百貨店に店舗をかまえています。店舗によってブライダルフェアの期間やイベント内容が異なるので、特典サービスを受けるならホームページでチェックしてから来店するのがオススメです。