婚約指輪といったらダイヤモンドよね!
~理想のエンゲージリングを求めて徹底研究!~

ダイヤモンドのランクで婚約指輪の値段が変わる!

婚約指輪といったら、アレ。そう、ダイヤモンドですよね。 そもそも婚約指輪=ダイヤモンドの値段、といってもいいぐらいなので、ダイヤモンドについてしっかり予備知識を詰め込んでおいてソンはありません!
ケンジ:「4Cと聞いただけでなんだかややこしそう!でも、この4つの意味を押えておけば、たくさんあるうちの1つに決断する時には決め手となってくれるはず。 」
大きければ大きいほど高い!?
それだけじゃない、ダイヤモンドの価格決定の要因、“4C”
ダイヤモンドの評価を決める4Cの中で、肉眼で違いを判別しやすいのはカット(輝き)とカラット(大きさ)です。カットはダイヤモンドに入る光の反射を最大限活かして強い輝きにして放つ事ができるものが高評価とされています。カラットは宝石の重さを計る単位で、1カラットは0.2グラムに相当します。
ダイヤモンドは大きくなるほど価格も高くなりますが、基本的に4Cのグレードによって価格は決定しているのでグレードを落とす事によって大きさを優先する事も出来ます。またその逆でグレードを優先すると石の大きさは小さくなります。
結婚指輪と婚約指輪の相場のちがい
カラーは、無色透明なほど稀少価値があり評価が高いとされています。またクラリティ(透明度)に関しても、表面および内部に傷や内包物が無いもの程良いsとされていますが、一定以上のグレードなら日常生活の中で肉眼で確認する事は難しく、ほとんど見分けはつきません。
透明感のある無色のダイヤモンドを選ぶのであればGカラー以上、VSクラス以上のものであれば、輝きや見た目に大きな違いを感じるわけではありません。ただし鑑定機関GIA(米国宝石学協会)の鑑定書などでグレードの高さを証明されたダイヤモンドに価値があるのも事実です。大きさか、グレードか、どちらを優先したいのか事前に話し合うといいでしょう。
迷ったら素人でもわかる‘大きさ’重視でいこう!
雰囲気の変わるカットは、好みで
店頭で見てみて、さほど違いが分からないと感じたらカット(輝き)とカラット(大きさ)の2Cに重点を置くと良いでしょう。肉眼で識別できない程の内包物や傷があっても、カットが優れていていれば正確な光の反射でより白く強い輝きを増すので、それらをカバーする事もできます。また、同じ値段なら、できるだけ大きなダイヤモンドの指輪が欲しい!というのが多くの女の子の本音です。
結婚指輪と婚約指輪の相場のちがい 正統派を選ぶならこちらがオススメ。光を一番多く集めるラウンド・ブリリアントカット。
  アンティークジュエリーに多く見られるローズカット。柔らかい輝きに人気急上昇中です!
最近では自分たちの嗜好やライフスタイルを大事にする人が増え、ファッションも十人十色。デザイン重視のリングでその人の個性やセンスを活かすのも大事なポイントです。値段や4Cだけを基準にするのではなく、その人に似合っているかどうか、つけた時にきらめくような喜びを感じられるかどうかも大切な基準です。
そうは言っても、ダイヤモンドのグレードや価格は結婚の覚悟や誠実さを証明する意味合いもあるので、グレードか大きさ、どちらを優先させるかはパートナーとよく話し合って決めましょう。そして納得のいくダイヤの婚約指輪を選んでみて!